HOME  >  採用情報  >  社員紹介  >  開発本部 電気グループ

株式会社ナベルの採用情報、社員紹介を掲載。

開発本部 電気グループ

ナベルを選んだ理由。

社会人3年目での転職。「もっと色んな技術を身につけたい。どうせやるならスケールの大きいことがしたい。」この2つの要件を満たしたのが、少数精鋭の中小企業。そして「世界」をキーワードにしている企業を中心に就職活動を行いました。「世界を目指す」と豪語する会社は星の数ほどありますが、目指すことと実際に取組んでいること・取組めるだけの力があることとは別物です。ナベルには私の望んでいるものがありました。また、通常のメーカーでは仕様書を書くだけで実際の製作は外部に委託することも多いかと思いますが、ナベルは違います。設計したものを自分で組立てる、テストする、次の設計に生かす、人数も少ないので、努力次第で若いうちから色んな仕事を任せてもらえます。
本当の意味での実力が身につけられる職場環境が最大の魅力です。

今の部署と、私の仕事。

お客様の要望をまとめた仕様書をもとに、PLCプログラムや、組込み系プログラム、アプリケーションプログラムの基本設計、リアルタイム性の検討、スケジュールの立案などを行っています。特に基本設計は後々の工程の成否に大きく影響するところですので、慎重に行っています。検討を行うだけでなく、プログラミング、動作確認、動作確認に必要なハードウェアの設計、実装も行っています。また、必要に応じて電気関係の設計、図面作成、ケーブルや基板などの組立てを行うこともあります。細かいことを挙げればキリがありませんが、普通の企業からすると考えられないくらい多種多様なことをやっているのではないでしょうか。そんな中でのポイントは「限られた時間の中でより良いものを」です。

 

仕事の大変さ、やりがい。

今年の春にプロジェクトマネージャーとして、新規に導入予定の機械制御を任されました。
社内での導入実績はなし、ドキュメント・マニュアルを読解してどんなことができるのか?というところからのスタート。機械担当者と何度も打合せを重ね、電気的な構成の検討、プログラム検討、開発スケジュール立案など一から全部作り上げていきました。
そうやって作り込んでいったはずの機械ですが、動くはず!と思って機械を動かしても、最初はうまくいかない。頭の中では大分前から動いているのに・・・連日連夜の試行錯誤を重ね、機械が設計通りに動くようになった瞬間、思わず「よっしゃ!」とガッツポーズしてしまいました。
製品化に向けては課題がたくさんありますが、努力すれば成功が見えてくる。製品化された時にはまた違う喜びがあると思います。

 

学生の皆さんに一言。

商品リリースまでの「開発者」は「先駆者」、リリース後は不具合時の「最後の砦」です。プレッシャーも大きく、夜に眠れない日々が続くこともあります。それでも開発がしたい、そんな熱意が届けばうまくいくのではないでしょうか。
収入、職場環境など気になる点は山ほどあるかと思いますが、真に気にするべきは「自分は何がやりたいのか、どんな風になりたいのか」です。借り物の言葉では届きません。想いを伝えるには「自分の言葉」でなければならないのです。