HOME  >  採用情報  >  社員紹介  >  開発本部 機械グループ

株式会社ナベルの採用情報、社員紹介を掲載。

開発本部 機械グループ

ナベルを選んだ理由。

鶏卵の自動選別包装装置というニッチな分野でありながら非常に高いシェアを維持している、経営・技術・営業力のすばらしさ。古都「京都」から世界―を目指す、その心意気に惹かれました。そして、なによりもその技術力。会社説明会の映像や、実際に工場見学で見た、卵を処理するスピードとその独特な機械に魅了されました。また、その技術を特許で守り、他社の参入を防ぐその盤石の知財、経営力に会社としての強さを感じました。会社としての強さを持ちながら「一番」を目指して事業を展開している会社に所属して、自分のスキルを上げたい、と思っていた私にはぴったりの会社だと思いました。実際に入社すると、思っていた以上に多様な機械、仕事を若いうちから任せていただいているので非常に充実感があります。

 

今の部署と、私の仕事。

世の中により安全な卵を届けるために、新しい製品の開発を行っています。
その中でも私は機械設計を担当しています。電気設計者と連携して、お客様の要望から仕様をまとめた後、設計実務はもちろん、試作、評価を経てお客様先での動作確認、フィードバックまで製品開発に関する業務を一貫して行っています。新規開発以外にも特注品の見積、設計も行っています。さらに、実務以外でも設計効率、品質を向上するための作業フロー検討、ソフトウエアの導入検討なども行っています。多くの知識、能力が求められるため、勉強と実践を繰り返す毎日です。
ナベルでの開発業務はただ仕様書を書くだけ、ただ図面を書くだけではありません。「頭」と「手」と「モノ」をフル活用して、よりよい製品を世の中に届けるために日夜仕事を進めています。

 

仕事の大変さ、やりがい。

ナベルでは開発者が試作、評価、お客様先での動作確認を行います。つまり、自分が設計した機械が世の中の役に立っていることを実感できるチャンスがあるのです。納入先で抱えておられた課題を解決した、又はお客様の構想通りに作業工程が流れ出した時にお客様が見せる笑顔を見た時、まさに自分の心が震えます。そしてそれは紛れもなく私が構想から評価まで愛情を注いだ機械。その瞬間、試作、動作検証で試行錯誤を重ね、何度も頭を悩ませ、自分の不甲斐なさに唇を噛んだ思いがふっ飛びます。まさに世の中の役に立っていることを実感する瞬間です。この思いを知っているので仕事でしんどいことがあっても乗り切れます。より一層知識を深めて良い機械を作ろうと思えるのです。

 

学生の皆さんに一言。

「悩み苦しい今、視点を変えチャンスの時期と捉えてみてください」
就職活動中は、自己分析、企業研究、大学での研究とやることが多く大変だと思います。しかし、これらは今後の人生を有意義に過ごす上で非常に重要な事です。自分を偽って「受かった」「落ちた」では今はいいですが、その先の人生で大変な後悔をする可能性があります。良くも悪くも今の自分を受け入れる事ができれば自分にとって良い会社に出会えると思います。「御縁」とは思ったより真理を突いているのかもしれません。