HOME  >  製品紹介  >  検査装置:汚卵検査装置

鶏の糞、割れた卵の卵白、卵黄などが付着した卵をカラーカメラで判別できるADD。

検査装置:汚卵検査装置

自動汚卵検査装置

高速画像分析による世界最高性能
ナベル得意のコンピュータ技術の結晶

1つの卵に対して2台または3台のカメラで計6回撮影し、
得られた画像から卵の汚れを面積・色などで分析し、汚卵を検出します。

自動化で安定の検査基準 ADD120・612・607

動画紹介

汚卵の判定

毎時最大4万卵(6列)で4台、最大12万卵(12列)では8台のカメラを使用。機器内部では、回転する卵1つに対してカメラ約2~3台が各6回撮影。カメラは斜めに取り付けられており、鈍端、鋭端の撮影もできます。得られた画像から色や面積などで分析を行い、汚卵を検出します。

汚卵の判定

判定レベル

さまざまな卵殻色の卵に対して、汚れの種類別に判定レベルを設定できます。汚れの種類を「黄色/茶色」「白色/灰色」「黒色」「シミ」の4種類に分けて、それぞれの検出レベルを独立して設定できます。

判定レベル

照度監視機能と温度監視機能

本装置は、照度の低下による誤判定、温度上昇によるコンピューターの故障を防ぐために、監視機能をもっています。監視中に異常を感知するとブザーでお知らせします。

照度監視機能と温度監視機能

※上図は12列タイプのレイアウトです。6列タイプのものは、排気口や判定表示灯の数などが異なります。
※搬送ローラーは、本機には付属しません。

※上図は12列タイプのレイアウトです。
6列タイプのものは、排気口や判定表示灯の数などが異なります。
※搬送ローラーは、本機には付属しません。

仕様

型式 ADD120 ADD612 ADD607
処理能力 120,000 卵/時(最大) 80,000 卵/時(最大) 40,000 卵/時(最大)
電源容量 単相200V 7.3A(最大) 単相200V 4.3A(最大)
使用環境 温度:0℃ - 35℃
湿度:20% - 80%  ※ただし、結露しないこと

製品改良のため、お断りなく仕様を変更する場合があります。ご了承ください。